お知らせ

2017-02-08 12:27:00

新しい乾癬の内服治療薬

2017年3月,乾癬の全く新しい作用機序の経口治療薬処方できるようになります。

今までの外用剤で反応が乏しかった中等症から重症の乾癬の方の内服薬になります。爪の乾癬にも有効です。

内服薬の登場は25年ぶりで、すでに世界37か国で承認されているお薬です。

薬局でのお支払いが、3割負担の方で1カ月分で18000円前後、1割負担の方で1カ月分で6000円前後となります。

あさや皮膚科

https://asayahifuka.com

 

 

2017-02-06 13:36:00

デルマトロン(中周波治療器)を導入しました。

デルマトロンは中周波域の微弱電流によって皮膚の表面を薄く焼く装置です。
焼くといっても非常に弱いので痛みは少なく基本的には麻酔不要です。
治療後、通常は一旦かさぶた状になりますが3日〜10日以内にはがれ落ちます。とくに顔と首のイボは非常にきれいに取れます。
施術後のガーゼ保護なども不要で、お帰りの前に洗顔やメイクも可能です。レーザー治療器と比較して、皮膚へのダメージが大幅に抑えられ、炎症性色素沈着が少ないのが特徴です。

加齢的な首などのいぼや顔や手背のしみなどに有効です。

場合によって美容皮膚科でのレーザー治療を勧めることもあります。

心臓の人工弁やペースメーカーをお使いの方、妊娠中の方には施術ができません。

デルマトロン装置

注意補足(2017年2月8日加筆)デルマトロンで一番有効とされるのは顔や首の加齢性いぼ(保険が適応される場合有)です。これに関してはデルマトロンは優れた治療と考えます。顔や手背の「しみ」にも有効と書きましたが、濃いものから薄いものまであり個人差が大きく、顔、手背の「しみ」に関しては当院のデルマトロンよりも美容を専門とするクリニックでの治療のほうがそれらすべてに対応できると考えます。顔面の「しみ」については美容専門のクリニックを受診することをお勧めいたします。(もちろんデルマトロンでしみを薄くすることは可能です)
また、痛みに関しては「ない」と書いてしまいましたがピリピリと感じる方もいるようです。これに関しては冷却しながらの施術によって軽減することができます。

以上、誤解がないよう、補足させていただきます。

 注意捕捉2月11日一部訂正しました。

 

 

 

 

 

 

 

1