お知らせ

2018-07-11 01:47:00

新しい爪水虫(爪白癬)の治療薬

20年ぶりに新しい爪水虫(爪白癬)の内服治療薬が処方できるようになります。1日1カプセルを(食事に関係なく)3ヶ月内服継続することで効果が期待できる薬です。3ヶ月ですぐに治るわけではありませんが、そのあと数ヵ月は経過観察することになります。肝機能に負担がかかることもあるようですのでお薬を内服中は血液検査をしていきます。飲み合わせが悪い薬もありますのでご相談される場合、内服しているお薬を御持参下さい。

当院では平成30年7月28日頃より処方できるようになる予定です。

内服薬に抵抗のある方、内服が難しい場合は爪専用の外用薬で治療していきます。

あさや皮膚科

https://asayahifuka.com